(重要文化財)
当山には、平安時代の半丈六阿弥陀三尊像二組が、重要文化財に指定されておりますが、そのうちの一組を宝物館で公開しております。本像は、典型的な藤原仏の構造を有し、定朝様式の秀作として著名なものです。また、光背の飛天像も同時に、展示しております。